競売物件の基礎

一般住宅とは違い、競売物件というものが世の中には存在し、そもそも裁判所が入札によって差し押さえた物件を売りに出すことを競売と言います。借金などの債務を履行しない持ち主が持っている物件が対象となるため、こちらは宅地建物取引業法などとは違う法律で取引をされます。民事執行法によって基づいて取引を行うため、入札方式で売り出されるだけでなく、様々な違いがあるのです。

まず一つ目は物件の内覧をすることが出来ません。そのため購入者は、裁判所が提出するさまざまな資料を参考にして購入を考えなければいけません。場合によっては近隣の環境を確認するため、現地へ出向く場合もあります。このような手間がかかるため、素人が手を出すと予想とは違う結果になってしまうこともあるのです。

また、瑕疵担保責任がないことにも注意しましょう。こちらは購入した物件に何か重大な欠陥が仮にあったとしても、その責任を誰にも請求することが出来ません。そのため、追加で修繕費やリフォームなどの費用がかかってしまうことがあります。このようなことに気をつけることによって、格安で物件を手に入れることが出来るというのが競売物件の大きな特徴です。良い面と悪い面を見極める必要があると言えるでしょう。

LINKS