競売物件の魅力

巷で話題に挙げられている競売物件の最大の魅力といえば、その価格の安さです。一般的な相場と比べると30%ほども安くなると言われている競売物件。その安さの秘密は、物件に関わる全ての費用を購入者が負担しなければいけないからです。最初から裁判所はそれを加味した金額を提示しています。しかし、それを差し引いても魅力的である場合が多いです。

その理由としては、多様性の高い物件にあります。普段ではなかなか出回らないような物件が出回るというのが競売物件の特徴でもあります。裁判で差し押さえられたからこそ流通する物件には希少価値が高く、一般の人では手に入りにくいものもあります。そのため、競売物件に魅力を感じる人もいるのです。

また、手続きの面が簡単であることもポイントとして挙げられるでしょう。不動産を扱う時にはさまざまな登録や登記が必要になります。所有権の移転登記や抵当権の抹消登記などです。それらの手続きは裁判所と進めることが出来るので、面倒に感じがちな手続き処理の負担が和らぎ、その分のコストを他の仕事に割くことが出来るのです。つまり、安く、希少価値が高い物件を簡単に手に入られるというのが競売物件の魅力なのです。

LINKS