三点セットについて

内覧が出来ない競売物件は、裁判所の提示する三点セットというものを参考にして購入するかどうかを決める必要があります。この三点セットはそれぞれに大きな意味を持っているため、競売物件に興味がある人は必ず目を通さなければいけない大切なアイテムです。「物件明細書」、「現況調査報告書」、「評価書」の3種類にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。

まず、物件明細書ですが、こちらには物件に関する権利についての記載がなされています。特に見ておかなければいけないのは、貸借権の有無です。もしも貸借権がある場合には物件を借りている人がすでに存在するため、その人に立ち退いて貰う必要があります。

現状調査報告書はその物権がどのように使われているかということが記載されています。内覧出来ない競売物件は、この資料が特に重要な意味を持っているのです。

最後に評価書ですが、こちらには物件周辺のことや評価額についての記載もされています。不動産についての図面も付けられているため、一般的な相場と比較したいときに役立ちます。

三点セットの存在は競売に関わる人なら誰しもが知っているものだと言えます。それだけに、競売物件について知りたいというのであれば必ず知っておかなければいけない重要なポイントだと言うことが出来るのです。

LINKS